スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インフォメーションセンターがオープンしました!
2012年06月09日 (土) | 編集 |
こんにちは!
更新が遅くなってしまい申し訳ありません

実は・・・日山ホームでは初めての店舗、「インフォメーションセンター」をオープンしました!

インフォメーション外観

この店舗で何をインフォメーションするかというと・・・

ホームページでご紹介している3つのテーマ、「住まい」「不動産」「交流」のインフォメーションをするのです


ちなみに・・・このブログで毎回ご紹介している内容は、「住まい」に属しています1-1happy01.gif

このインフォメーションセンターでは、今までに日山ホームが建ててきた、
モデルハウスなどもスクリーンで見ることができます2-kira10.gif


さらにさらに2-2-kigou01.gif

お客様のお持ちいただいている土地の地番をお教えいただければ、
その土地にあった間取りのご提案が、無料で、すぐに、出来ますっ1-1lovely.gif

ホームページの間取集の間取りはもちろん、その他たくさんの間取をご用意しています2-kira09.gif

土地をお持ちでないお客様には、ご希望の土地を探すことも出来ます1-4-02.gif
まずは20分ほどで3つの間取りがご提案できますので、お時間があれば是非、寄ってみてください!


そして、おうちのリフォーム(増改築)などの大きな工事から、蛇口交換などの比較的短期間で終わる工事など、お家に関わることを幅広く取り扱っている、「住まいのモール街」のご相談や受け付けもしております1-b0-kuma01.gif
ご相談だけでもお待ちしておりますので、お気軽にどうぞ1-b4-ganba.gif


国道34号線と、県道17号線が交わる“轟木二本黒木”の信号を北へ向かい、“平塚”信号の北東の角にあります。

インフォメーションセンター看板

この看板を目印にいらしてください1-1happy01.gif




さてさて、話は変わりますが、

日山ホームが建てているモデルハウス、志波屋モデルに行ってきました2-heart04.gif

外観


とにかく広々!!!!

リビング
リビングダイニングも勾配天井ということもあってか開放感があり、ちょっとしたパーティーは開けてしまいそうでした2-onpu02.gif


キッチン
キッチンもL型で大きめのパントリー(食器棚)がついていて、おしゃれですよね1-1happy02.gif

1階に主寝室があるところが珍しいなぁ!と思いました1-frogp03.gif
ご飯が終わって、そのまま寝室に行けるのはいいですよね!
その主寝室には約2畳ほどのクローゼットがついています1-4-02.gif


そしてそして、

デッキ
1階のリビングダイニングとつながっているデッキも広々1-1happy02.gif
大量の洗濯物もばっちり乾きそうですっ1-b3-hare.gif

ちなみにデッキのシャッターは電動なんです!
冬は夜重たいシャッターを閉めて、朝起きて重たいシャッターを開けるのが憂鬱な私にはうらやましい機能2-heart03.gif

我が家にもつかないかな…2-moji022.gif



そろそろ2階のお話でも!

2階は子供部屋が二部屋あり、ベランダはお布団も干せるように広めなのです2-kira01.gif

そしてそして!
大容量の小屋根裏収納が!
扇風機やヒーターなど、季節物を入れるのに適しているのですが、それを置いても余裕があると思いましたっ1-frogp06.gif


最後に玄関!
DSCF9122.jpg
このシューズボックスにはたくさん靴が入りそうですよ~1-1lovely.gif
中の板は動かせるので、ロングブーツなども置けちゃいます1-frogp02.gif

DSCF9113.jpg
玄関横にはキーボックスがあります。
私も家族も、家の鍵や車の鍵がどこにいったのかわからなくなって探すのが日常茶飯事なので、
こういうものがあるととても嬉しいですよね!
失くさなきゃいいんですけど、そうもいかないのです1-1ase_egao.gif



今回は志波屋モデルだけのご紹介でしたが、他にも日山ホームの新築を建てていますよ!
新築のご紹介はコチラ

スポンサーサイト
テーマ:住まい リフォーム
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。