スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
湿気から家を守る ~その1
2010年05月31日 (月) | 編集 |
今日で5月も終わりですね。
5月は新緑のイメージでしたが、6月は梅雨の季節
紫陽花とジメジメとした雨のイメージです3-01rain.gif

そこで、今回は家の防水についてのお話です。
湿気対策には色々ありますが、基本的に室内の対策に気持ちがいきがちです。
もちろんそれも快適に過ごすために大切ですが、本当に必要なことは家そのものの防水・湿気対策です。

室内がどんなに快適でも壁の内側にカビがビッシリなんてことも1-1ase_anguri.gif
内部の柱などにジワジワと水が浸み込んで、腐食が進んでいるかも2-ase01.gif

目に見えるところまで被害がでている時には、内部はかなり傷んでいる場合も多いのです
そうなると補修代も馬鹿になりませんし、最悪の場合はリフォームが必要だったり健康被害にまで至るケースも考えられます1-1shock.gif
そうならないための予防策は、家のメンテナンス4_1-house.gifしかありません。

家の防水機能を復活させる一般的な方法は塗装です。壁や屋根、ベランダやデッキなどあらゆる場所に有効です2-heart01.gif
劣化の状態は外的環境や塗装の種類などで変わってきますが、7年~8年ほど年月がたったものは一度検査されることをお薦めします1-1happy01.gif
検査の結果を基に、劣化が始まる前に塗装するか数年後に計画して塗装するかなど、判断されるといいでしょう。

塗料の種類には遮熱や防汚など様々な機能やランク・特性があります2-kira04.gif
必要なメンテナンスとはいえ、ある程度予算がかかりますので、塗装する時に業者とじっくり相談してみてはいかがでしょう。
塗装回数を減らすため耐久性のいいものや防汚機能の高いものを選んだり、省エネ効果や快適な住環境のために遮熱効果の高い塗料を選ぶなど、防水+α機能を考えてもいいかもしれませんね1-1wink.gif2-onpu01.gif

次回は床下の湿気対策についてお話します。
住まいのモール街 塗装について

スポンサーサイト
テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。